かとろぐへようこそ!初めて来てくださった方はコチラへ♪
kato

仕事にならねぇ!花粉症は結局どんな対処がいい?薬が効かない場合は?

花粉症の薬って効かない?

かとう
かとう
名古屋から東京に出てきて、ちょっと花粉のため?鼻がムズムズしている気がする・・・加藤です。

2月4日に今年の春一番があって、1週間後くらいから、薬局に人が殺到し始めました。目的はもちろん『花粉症の薬』。

年々患者は増加傾向で、今や4人に1人は何らかの花粉症にかかっていると言われています。どうしたら花粉症は抑えられるんでしょう?今回は薬剤師をしている私から、花粉症対策についてまとめましたので、こちらに記述していきます!!

かとう
かとう
何点か項目をまとめましたので、花粉症にお悩みの方はぜひ参考にしてくださいね!

花粉症が出るピークは?

花粉症のピークは2~3月という患者さんが圧倒的に多いのですが、それは「スギ」花粉が飛散しているから。日本人の多くを悩ませている花粉はほとんどが「スギ」。ほかにも花粉症として代表的な種類としては、「ヒノキ」「シラカバ」「ブタクサ」があります。

花粉症と一言にいっても人によってアレルギーの対象は様々。木の種類によって若干ピークになる時期が異なったり、原因となる木の数によっても地域差が生じます。

そーちゃん
そーちゃん
僕の生まれた土地、北海道はスギあまりないんですけど、その代わりシラカバがあります。ちなみに僕は「シラカバ」の花粉症を持っています。
かとう
かとう
そしたら、上京したら花粉症なくなった?
そーちゃん
そーちゃん
そう、なくなった。シラカバはこっちにはあまり生えてないみたいなんですよね。

地域差や各花粉の種類によるピークはこちらで確認できます!

花粉症の治療方法は?

花粉症を完全に治すという治療方法は今のところ見つかっていません。

かとう
かとう
しかし症状を治療によって緩和させることはできます!

いくつか、治療方法についてここに簡単に挙げてみます。

薬による治療方法

薬局で買えたり、病院でもらえる薬によって治す、花粉症の一般的な治療方法。アレルギーをおさえたり、炎症をおさえる薬がメインで使われます。最近はOTC医薬品と言って、わざわざ病院へ行かなくても薬局で買える薬の種類は増えてきました。

花粉症には様々な薬がありますが、一番よく使われるのは「ヒスタミン」という、痒みなどを引き起こす原因の物質を抑える薬です。ただ、こちらの種類は眠くなりやすい。(後述します)

かとう
かとう
薬が抑えられるアレルギー物質も複数あり、先生によっては症状によって組み合わせて使うときもあります。

ヒスタミンなどのアレルギーを抑えるだけでは治まらないような中~重症患者さんの場合は「ステロイド」といって、炎症を抑える薬が処方される場合もあります。

ちなみに、妊娠や授乳をされる方は花粉症の薬に制限がありますので、詳しくは医師の先生へご相談してくださいね♪

パパじょの
パパじょの
しょうちした!!

薬以外の病院での治療方法

中~重症レベルの花粉症を持つ患者さんは薬ではなく、病院でできる治療を選択する方法もあります。1つは減感作(げんかんさ)療法と言って、アレルギーを引き起こすもととなる成分を少しずつ体内に注入して、カラダに慣れさせる方法です。

かとう
かとう
最近はスギ花粉やダニアレルギーに対しては注射ではなく舌下療法というものもあります。それはまた後日したためます!

特に鼻への症状が強い!という方はレーザーを鼻の粘膜にあてるレーザー治療もあります。激しくアレルギー反応が起こってしまう部分にたいしてレーザーを入れることで、反応を緩めて症状を和らげる効果があります。

そーちゃん
そーちゃん
鼻の粘膜を焼くとかよく言うよね。
かとう
かとう
1回の施術でだいたい2年くらい効果が持つみたいです!

花粉症の薬の種類は?

花粉症の症状をおさえる薬は主に3つに分けられます!!

かとう
かとう
薬は症状によって使いわけすることが大事。

基本的に病院に診察に行く場合は診察によって病院の先生が出してくれるものを使えば問題ないと思いますが、それも効かないな・・・という場合はご参考にどうぞ。

錠剤・カプセルなど飲むタイプの薬

花粉症の薬はこのタイプが多いです。主にアレルギー物質をおさえることで花粉症による症状を和らげる作用があります。眠くなりやすい薬が多いのはこのタイプです。

かとう
かとう
よく効くんだけど、朝が起きれないんだよな~(涙)

鼻や肌のかゆみなど、カラダの広域にわたり花粉症の症状が出る方はこちらの内服タイプが選択されます。

鼻にスプレーする点鼻薬

耳鼻科が近いと薬局でたくさん処方される点鼻薬。鼻の中にスプレーすることによって鼻の内部の炎症を鎮めることで、鼻どおりを良くしてくれる作用があります。即効性があるものと、徐々に治していくタイプのものとあります。

かとう
かとう
鼻にスプレーする前に最初は何回か空打ちプッシュをすることで中身が出ることを確認してから使ってください。

点鼻薬の種類によっては、使いすぎることによって効果が薄くなってしまうものもあるので、薬を使う頻度は医師の指示通りか、購入した医薬品の箱に書いてある用法用量をしっかり守って使うようにしましょう。

目にさす点眼薬

主に2タイプ。目のかゆみが現れる方向けにかゆみのアレルギー成分に働いて、痒みをおさえてくれるもの。もう1つは炎症を抑えてくれるものがあります。

かとう
かとう
目に入れるのは1滴で十分!目に1滴さしたら目頭をおさえて、目全体にいきわたるようにして使うとGOODです。

点眼剤は基本的にあけたら衛生上1カ月以内に使い切るようにしましょう。(薬剤師の決まり文句みたいなものw)2種類以上の点眼剤と併用する場合は5分以上あける必要があります。

花粉症の薬による副作用とは?

よく言われる副作用は、眠くなる、ぼーっとする、口が渇く、あたりでしょうか・・・花粉症の薬はヒスタミンという成分を抑える作用が多いのですが、どうしてもこの種類はこうした副作用がつきもの。

基本的に効果が強い=副作用がでやすい、なのですが、個人差があるので(全然花粉症に効かないのにやけに眠くなっちゃうとか、その逆も)

かとう
かとう
副作用は気になるようであればほかの薬への変更を先生に相談していいと思っています。

またひどい人はステロイドを内服される方もいらっしゃると思いますが、ステロイドの場合は胃腸障害やむくみなどに注意が必要になります。

花粉症の時の薬の選び方とは?

かとう
かとう
病院で処方されるものと、薬局で買えるものどちらが良いか?というお声も頂きますが、基本的には薬局の薬が効かなかったら病院行って処方される薬をもらうのが良いかと。

中には薬局の薬を飲んで効かないなと思いながらも、病院に行く都合がつかず飲み続けている方がいますが、ハッキリ言って時間とお金のムダ。

薬の強さでいうと基本的に病院の薬の方が薬局の薬よりも強いです。

そーちゃん
そーちゃん
どっちの方が安い?
かとう
かとう
薬単体だと保険が効く分病院の薬の方が安いけど、診察も含めると結果的にトントンくらいだとおもってください~

花粉症は花粉の暴露に対して症状も激しくなりますので、できれば内服する薬は、症状が出る前から服用しておくと、ピークが来たときに症状が緩和しやすいということもあります。

薬剤師の私が考える花粉症対策

わたしが考える花粉症対策は3つです。

①薬で対処する。

②体質改善をする。

③花粉がないところへ行く

③は極論ではありますが・・・(笑)花粉症になるのはなぜかというと、花粉があるからです。ということは、花粉のシーズンは花粉のないところに行けば自然と症状もおさまります。

日本でいうと、スギ花粉がないところは主に北海道・沖縄・離島ですね。海外に行くことが可能であれば花粉のシーズンは海外に行っちゃうのもカッコイイですね!!

体質改善に関しては別のブログにて!!花粉症対策をしっかりやって、このつらい春を乗り切りましょう!!